近視とはどのような状態を指すのでしょうか

近視とは目の見え方の名前です。

裸眼(眼鏡やコンタクトをつけていない状態の目)で見える範囲が狭まり、物や風景、人の顔等がぼやけてしまう状態を差します。

その程度は人それぞれで、かなり近くてもぼやけてしまう人もいますし、近くは見えるけど遠くは見辛いという人もいます。

すなわち、目が悪いことを近視といいます。

また、別の言い方で近眼ともいいます。

近視の度が進めば進むほど、見える範囲が手前によってくるそうです。

目が悪くなる原因としては、親からの遺伝の場合もあります。

親も目が悪い場合や、子どもの頃から目が悪かった場合は遺伝の可能性が強いでしょう。

また、近年は携帯やパソコンの画面を見ることが多くなっているため、それによって目を酷使していることも原因と考えられています。

しかし、確実に原因だと判明したわけではありません。

しかし、あまり目を疲れさせることはよくないことらしいので、目を酷使する行動をあまり取らないようにしましょう。

また、暗いところで読書をしたりすることも、見えずらい環境で目を無理に使っていることになるので辞めましょう。

テレビアニメを見ていたときに「部屋を明るくして離れて観てね」というテロップが出ましたよね。

テレビと同じく、暗がりでものを観ることはさけるべきなんだそうです。

また視力の低下を感じたら眼鏡やコンタクトをつけるようにしましょう。

度があっていれば、周りのものがぼやけずにはっきりと見えます。