健康な身体を作るジョギングの効果

ジョギングは走れる場所があれば、誰でめ手軽にできる運動です。

特別な器具も必要ないので、面白みに欠ける面もありますが、とにかく根気が必要です。

ジョギングの効果は以下のものが挙げられます。

酸素を運ぶ機能が高まる

肩こりや足のだるさは、筋肉や組織の酸素不足が原因です。

十分に酸素を運ぶには、肺 心臓 血管などの呼吸循環機能を高めることです。

つまり、ジョギングは有酸素運動の代表ですから、これらの機能を無理なく効果的に刺激してくれる運動なのです。

足腰を鍛える

老化は足から始まると言われており、運動不足は足腰を弱らせます。

腰痛持ちの人も、運動不足で筋肉が弱まっているそうです。

ジョギングは、身体をリズミカルに上下させる動きによって、足腰の筋肉を鍛えるのに効果的な刺激を与えることができます。

ストレス解消

ジョギングで汗をかいた後の爽快感は、精神的なストレスを解消してくれます。

走っている時の瞑想状態が、イライラや精神的安定を正常にする効果も期待できます。

また、呼吸循環系の働きを高めるには、20~30分のジョギングが必要です。

それ以下だと、心臓血管が十分に働かないので、トレーニングとしての刺激にならないからです。

さらに、脈拍数が120~150のペースで走ればスタミナもついてきます。

ジョギングが終わっても、徐々に走るスピードを落としながら、しばらくゆっくり走ることをオススメします。

これにより、疲労が早く回復しますし、筋肉痛の予防にもなるからです。

知り合いを誘ったりしならがジョギングを始めて、健康な身体作りをしてみるのも良いかと思います。